ホーム奨学事業

奨学事業

奨学金の概要

1.趣旨

本財団は、新潟県内の大学に在籍する大学生で、学業優秀でありながら、経済的理由により修学が困難な者に対する奨学支援を行い、もって社会有用の人材の育成に寄与することを目的としています。

 

2.特徴

この奨学金の特徴は、次のとおりです。

(1)奨学金は給付型とし、返還の義務はありません。

(2)奨学生の卒業後の就職、その他一切については、本人の自由とします。

 

3.奨学生の応募資格

この奨学金の応募資格は、次の各号に該当する者とします。

(1)本財団の理事会において指定した大学に在籍している者とします。(修業年限4年のものに限る。)

(2)本財団の定める学力基準及び家計基準を満たす者

(3)他の奨学金制度による奨学金の給付を本奨学金と併用して受けない者(他の給与奨学金との併給不可、学納金減免及び貸与奨学金は可)

※大学を通じて募集します。

学生からの直接応募は一切受け付けません。

 

応募書類

令和3年度奨学生募集要項(PDF:195KB)

令和3年度奨学生願書(PDF:110KB)

個人情報取扱い同意書(PDF:92KB)

奨学生推薦書(PDF:59KB)

採用実績

2021年度 45名(継続奨学生25名、新規採用20名)
2020年度 36名(継続奨学生17名、新規採用19名)
2019年度 49名(継続奨学生32名、新規採用17名)
2018年度 46名(継続奨学生28名、新規採用18名)

2017年度 35名(継続奨学生18名、新規採用17名)

2016年度 32名(新規採用32名)

よくあるご質問

Q1.奨学金を受けたいですが、どういった手続きになりますか?
A. 当財団の奨学金は、指定大学に在籍している方が対象となります。
申込みは全て大学を通じて行いますので、在籍する大学事務局の担当者様にお問い合わせください。

Q2.日本学生支援機構の奨学金を貸与中ですが、応募できますか?
A. ご応募可能です。
他の給付型奨学金との併給は不可ですが、学納金減免や貸与奨学金は可能です。

Q3.今春で3年生になりますが、応募できますか?
A. ご応募できません。
4月1日時点で2年生である方が対象です。

Q4.短期大学に在籍していますが、応募は可能ですか?
A. ご応募できません。
奨学生の応募資格は修業年限4年に限定していますので、短期大学・6年生の学部・大学院生については対象外となります。

Q5.留学生ですが、応募できますか?
A. ご応募可能です。
国籍は問いません。ただし、他の給付型奨学金との併用はできません。