新潟県内の大学に在学する大学生への学資の援助に関する事業を行うことで、一人でも多くの有能な人材を育成し、地域の発展のみならず、社会の発展と豊かさの向上に寄与することを目的としています。

公益財団法人 古泉育英財団

設立趣旨

我が国は、目覚ましい経済発展を遂げ、その経済成長とともに国民生活も著しく向上してまいりました。地下資源の乏しい我が国が世界有数の経済大国に成長した背景としては、高い教育水準が果たした役割が大きく、将来にわたり我が国の成長を維持発展させ、より豊かな社会を形成するためにも、引き続き有能な人材を育成していく必要があると考えます。

昨今、大学への進学が一般化しているにもかかわらず、優秀な学力と向学心を持ちながら、経済的な理由から大学への進学を躊躇する、あるいは学費捻出のためアルバイトに時間を割かざるを得ないといった志ある学生も少なくありません。

このような状況を踏まえ、学業優秀でありながら経済的理由により修学が困難な者に対して奨学支援を行い、有能な人材の育成に貢献する事業を実施するために、当財団を設立した次第です。

一人でも多くの有能な人材を育成し、地域の発展のみならず、社会の発展と豊かさの向上に寄与してまいります。